保育のようす

幼児期の歯のケアを大切に!

幼児期から児童期にかけて、乳歯から永久歯に生え替わる大切な時期。

虫歯予防はもちろん、日ごろからの歯磨きへの取り組み方など、

ケアをきちんと徹底したいですよね!

 

高浜幼稚園では、東京歯科大学の先生・学生さんたちに「歯磨き講習会」を

通して、直接子どもたち 又 保護者様へ”歯の大切さ””ケアの方法”などを

教えていただいています。

 

 

写真にあるように、年長さんになると「染めだし」をして歯磨きがきちんとできているかどうか、

子どもたちに自分の目で見てもらう体験をしています。

 

前回の講習会で話した”お約束”を覚えている子どももいて、年少~年長までの3年間で、

子どもたちの『歯のケア』への意識が高まっていくことを、実感しました。

 

『自分の歯は自分で守る』

そんな意識を、子どもたちも幼児期からもっていくことが大切だと思います。